フィリピンの見所!穴場!情報などを共有しよう

フィリピンに旅行の参考や注意点、この国の良い所を知ってもらいたいです。

フィリピンの悪いところ.....

良いところだけを、紹介しても信用度は少ないでしょう。
その為、悪いところも紹介します。


まずは、フィリピンでの横断歩道...!!


フィリピンに来ると思うことが、すべてのドライバーのマナーがかなり悪い!
そして、日本に比べると信号機が少ないと思います。
また、方向指示器をつけて曲がってくる車は...ほとんどいないでしょう。
歩行者優先の日本とは違い、 フィリピンでは車優先社会です。 またドライバーは運転が荒く、信号無視も日常茶飯事です。 通勤時間帯は特に渋滞が激しいため、 少しでも早く着こうと車・バイクは常に車線変更を行い、少しの隙間に入り込みます


特に、ジプニー

↑ほとんどのドライバーが蛇行運転をします。客が降りると声をかけると右に寄せたり真ん中で止まったりとかなりマナーのない方が多いです。



タクシー

運転のマナーも悪いですが、乗車拒否も多くあります。
三車線ある道路で端から端にいきなり曲がってきたりします。
最近のフィリピンではタクシーを使用する方が減っています。


原因は、ドライバーの悪さ!!!口論をしているところをよく見かけます。
その為、ウーバーやグラブなどに客は流れています。
ウーバーやグラブとは、携帯アプリから行き先を指定すると料金が出て来ます。
それで、確定するとドライバーの名前や車種、電話番号が表示されそのドライバーが迎えに来てくれるシステムになっています。
タクシードライバーとは違い、礼儀正しいかたが多いと感じます。


バス

日本でもなじみのある乗り物です。
ただ、フィリピンの場合...ジプニーと同じで客を降ろす際、いきなり曲がって来たりします。 何回、喧嘩したことか...


次の画像で、あなたなら...どう渡りますか

こんな感じの所が多く見られます。
簡単に説明すると車の隙間を渡って行く感じですwww
日本では考えられない...注意点は、日本と違い事故にあっても保険に入っている人は、ほぼ...0 事故するだけ損ですので気をつけて下さい。
逆に、相手が悪くても金を要求される場合もあります。


実際の経験談のお話をすると、自分がバイクを運転中左折をする為に左の指示器をつけ!


中央斜線付近により徐行....逆斜線や後ろを確認左折....するとオーバーラインのバイクが後ろから接触!転倒後、バイクを起こしタガログ語で言いました。


自分:...何を考えている?


相手:...指示器付けてないやろ!


自分:...じゃーこれは、なんて言う?指示器じゃないのか?


すると、逃げてしまいましたが!!
残念、自分の家族が多くいる場所!家族や友人が捜索...約30分後に捕らえてきました。
その逃げた人を話をすると....なんと仕事で配達中で急いでいた!
しかも、バイクの名義は違う個人の方のバイク!免許は無し!!
これが、よくあるフィリピンの事故です。
話をしていると...会社のマネージャー来て、その会社とも話を...
とりあえず、近くの病院に検査へ
レントゲンや処置で約8000ペソ...診断結果は鎖骨の骨折、全治2ヶ月
病院を出た後、そのマネージャーと加害者との話し合い
警察にも連絡を入れていたので、すぐに解決するかと思いきや...


自分の言い分、骨折ではバイクでの通勤も無理だし取り合えず3日間の給料の保証
バイクの修理をお願いした。


マネージャー:バイクは大丈夫!傷ついていないから!

とうとう...怒り爆発!
はぁ?あんた馬鹿か?お前はメカニックか?ってか、そもそも免許の無い人間に運転させるなや!ってか、免許無いことを知らなかったのか?
答えは、知っているよ。でも、運転出来るから...


マネージャー:ごめんなさい。


自分、給料は保障してくれるんやろ?3日間だけやぞ!何なら診断結果分休みでもいいんやそ!


マネージャー:分かりました。一日のあなたの給料がいくらか証明して下さい。
自分は、たまたま持っていた明細を見せると...
マネージャー:ごめんなさい。無理です。あなたの給料3日間で、2ヶ月以上の給料です。
自分:....は?知らんがな!ってか、おまえら、会社が払うのか加害者が払うのかどっちや?


マネージャー:加害者が払います。でも無理です


事故が起きた時間が昼の2時頃!
こんなやり取りが夜の10時頃まで
頭に来た自分は、もう一度 警察に電話


お偉いさんの警察:は?今何時?何で解決してないの?分かった今から部下を送るからまって下さい。


そして、待つこと約15分程...
たまたま近くにいた パトロールが来ました。警察は2人
馬鹿な警察:どうかしましたか?
自分:事故で未だに話し合いが解決していません。
内容を話していると、マネージャー...携帯で誰かに電話して警察に、その携帯を渡す!
すると、その2人の警察の態度が急変!


馬鹿な警察:この事故で、そこまでの保障はない!っとキッパリ


自分:あなたの名前と警察の番号見せてくれる?
馬鹿な警察:0000000の00000や
自分:ふ~ん 後が大変やで
警察:あなたの名前は?
自分:000000
警察:何処の000000?
自分:000000の住所や
警察...の顔が、真っ青...
真っ青になった訳は、自分はフィリピンの奥さんがいます。しかも、家族や親戚ほとんどが警察!しかも、バランガイ(自警団)のキャプテンもいる状態。
警察は...アタフタ...アタフタ状態


こんなやり取りをしていると...自分が呼んだ警察が登場!!
護送車にマシンガンやショットガンを持ってwww


加害者は、そのまま警察所に連行!
警察暑で、電話で話した警察が出てきて
こう言われました。加害者にNOの答えは無い。NOなら刑務所に行くだけ
自分、言い分を伝え 書類にサインして貰いなさい。


ここで、やっと加害者とマネージャー...泣
自分は、最後に言いました!日本人をなめるなや
お前らが上を出すなら、さらに上を出してやる
それとも、マフィアがいいか?甘く見てるからそうなるんや
覚えておけ!


マネージャー:泣
加害者:ごめんなさい


全ての話が終わったのが、夜中の2時頃
しかも、結局は500ペソのみ...毎月のはず...


わかりますか?これが、フィリピンです。


警察も権力に弱いのが現状です。


事故には、くれぐれも気を付けましょう